スラブ配管

エントリーはこちら

電気工事士の仕事風景

電気工事士の仕事風景

2020/12/23

スラブ配管

お疲れ様です。

でもって、鉄筋屋さんが鉄筋を組みます。

そのあと電気屋さんが配管(白いヤツ)をします。

天井もしくは床になるコンクリートの事を「スラブ」と言います。

なので、作業名称は「スラブ配管」。

施工方法にはちょっとしたルール(禁止事項)がありますが、一度教えられれば覚えられます。

各業者の作業が終われば、検査を行い、コンクリートを打ちます。

タイトル

サブタイトル

テキストテキストテキストテキスト

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。